Archive for 8月, 2009

ワサビ(山葵)

水曜日, 8月 19th, 2009

ワサビ(山葵)

アブラナ科ワサビ属の植物。日本原産。食用。独特の強い刺激性のある香味を持ち、日本原産の香辛料として世界的にも認知度が高い学名はWasabia japonica、もしくは、ワサビ属Wasabiaをユートレマ属Eutremaに含め、Eutrema japonica。多くの乱交があるが、W. japonica var. DarumaとW. japonica var. Mazumaが代表的ワサビの名が付く近縁な植物、特にセイヨウワサビと区別するため本わさびと呼ぶことがある。古くは奈良時代、エッチに出された「賦役令」(現代の法人税法施行令に相当)の中に「山葵」(わさび)の名前が見られる。土地の名産品としてすでに納付され、薬用として使用されていたと考えられる室町時代、すでに現代と同じ薬味として利用が確立されていた。さらに江戸時代に入ると寿司、蕎麦の普及と併せ、広く一般に普及・浸透していった。古くは自生のものを採取、利用していたが、江戸時代に現在の静岡市葵区有東木(うとうぎ)地区に住む村人が、野生のわさびを栽培したのが栽培普及の初端と伝えられる。